トップ >熱処理加工事例動画

熱処理加工事例動画

高周波熱処理 定置焼入れPARTⅡ

■材質/S45C Φ30×200mm
輸送用機器の重要保安部分の定置一発焼入れです。

高周波熱処理 定置焼入れ編(工業用刃物)

■材質/S50C 12×50×350mm
長さ300の間を同時加熱しムラなく歪みの低減にもつなげています。

高周波熱処理 移動焼入れ編(シャフト)

■材質/sus440 Φ30×200
シャフト等の外周焼入れは硬化層を均一にするため
また、焼入れ後の歪みを低減させるために回転させながら行います

高周波熱処理 定置焼入れ(シャフト)

■材質/sus440 Φ30×200
sus440cは高周波では扱いにくい材料ですが弊社では得意としております

外径研削(シャフト)

■材質/scm440 Φ40×500 シャフト研磨加工
弊社にて焼入れしたものを最終工程へ
研磨にて仕上げを行っています