トップ各種加工サブゼロ処理

サブゼロ処理

サブゼロ処理の概要・特徴

鋼の焼入後0℃以下まで冷却する操作をサブゼロ処理、または深冷処理と言います。
焼入した鋼にこの処理を適用することで、残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させることで、経年変化の防止などの効果が期待出来ます。

サブゼロ処理

サブゼロ処理とは焼入後に-80℃程度まで急冷を行い、焼入れで発生した残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させることで経年変化等の不具合を防ぐ効果があります。また、マルテンサイト変態が起こる為、硬さも増加します。

超サブゼロ処理(クライオ処理)

サブゼロ処理よりも低い温度(-100℃以下)で行う処理です。
一般的に温度が低いほうが耐摩耗性の向上に効果があるといわれています。

【適用材質】

SK,SKS等の工具鋼、SKD等のダイス鋼など各種鋼材対応可能

【よくあるご質問】

Q.どのくらいのサイズまで入りますか?
A.弊社設備では有効寸法は、H450×W680×D930mmです

 

Q.サブゼロ処理だけでお願いすることは可能ですか?
A.可能です。ただし基本的には焼入れ直後にサブゼロ処理を行うので、焼入れとセットでご依頼頂けると適切な処理効果を発揮できると思います。

 

Q.超サブゼロ処理とはなんですか?
A.通常のサブゼロ処理よりも低い温度(-100℃以下)で行う処理です。通常のサブゼロ処理よりも高い耐磨耗性を得ることができます。

【主要設備】