トップ各種加工サブゼロ処理

サブゼロ処理

サブゼロ処理の概要・特徴

鋼の焼入後0℃以下まで冷却する操作をサブゼロ処理、または深冷処理と言います。
焼入した鋼にこの処理を適用することで、残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させることで、経年変化の防止などの効果が期待出来ます。