トップ各種加工 > 調質

調質

調質の概要・特徴

いわゆる調質とは、機械構造用鋼などで、強靭性を要求される製品に適用され、焼入れしてマルテンサイト化した鋼を500℃~600℃の温度で焼戻しをしてソルバイト(微細パーライト)組織を得ることを言います。
ただし、注意する点として、炭素鋼では250℃~350℃、Cr鋼やNi-Cr鋼などでは450℃~550℃で焼戻しをすると、衝撃値が非常に低下します。これをそれぞれ、低温焼戻し脆性、高温焼戻し脆性といい、注意が必要です。

調質のQ&A

調質とはどんな処理ですか?

調質とは焼入れ後に500℃以上の高温焼き戻しをおこないソルバイト(微細パーライト)という組織を得る処理の事です。機械的性質は焼き戻しの進行にともなって、引っ張り強さ、降伏強さ、硬さが低下し、伸び、絞り、衝撃値は増加し650度前後でもっともバランスのよい特性を示します。