トップ各種加工 > 浸炭・浸炭浸窒処理

浸炭・浸炭浸窒処理

浸炭・浸炭浸窒処理の概要

浸炭処理、窒化処理、高周波焼入れなどは、従来から表面硬化処理と呼ばれています。
浸炭処理は、加工性のよい低炭素鋼等を機械加工した後、その表面層の炭素を増加させ、その後焼入れし硬化させる処理です。
内部は柔軟な組織のままなので、靭性に優れています。
自動車部品、建設機械部品を始め、各種の機械部品に広く利用され、最も普及している表面熱処理です。

浸炭・浸炭浸窒処理の特徴

浸炭の基本的なメカニズムは、オーステナイト状態にある鋼の表面より、 炭素原子を拡散固溶させることです。炭素をどのような状態(雰囲気)で拡散 させるかによって固体浸炭、液体浸炭、ガス浸炭等の各種の方法が 考案されています。 また、浸炭性ガスにアンモニアガスを添加して、鋼の表面から炭素と 窒素を同時に侵入させ、焼入れ硬化させる浸炭窒化処理や、材料表面 の炭素濃度を通常より高め、炭化物を分散析出させる、高濃度浸炭等があります。

浸炭・浸炭浸窒処理のQ&A

浸炭焼入れとはどんなものですか?

鋼を焼入したときの硬さは、炭素の含有量でほぼ決まりますが、低炭素鋼の硬さを上げる場合に用いられるのが浸炭処理となります。
低炭素鋼の表面から焼入に必要十分な炭素を浸透させることを浸炭処理といいます。