トップ各種加工 > 析出硬化処理

析出硬化処理

析出硬化処理の概要・特徴

析出硬化系ステンレス鋼としてSUS630とSUS631がありますが、これらの鋼はマルテンサイト生地中にCuに富む微細な相を析出されて強度を付与する鋼で、その特性を発揮させるために固溶化熱処理、及び析出硬化処理が実施されます。
析出硬化処理(H処理)は機械加工などで部品形状を仕上げた後、所要の硬さ、機械的性質を付与する為に実施します。SUS630の析出硬化処理をJISではH900、H1025、H1075、H1150のそれぞれ4条件に規定しています。